2015-05-08 14:44 | カテゴリ:応援企画
皆さんこんにちは!ジェレミーの誕生日、6月5日まであと1か月を切りましたね。今年も皆さんからの誕生日カードを募集します。25歳から始めた誕生日企画も今年で6回目。今年は30歳という節目の年です。今年もぜひたくさんの方にご参加いただけたらなあと思っています。ご興味のある方は以下をよくお読みいただき、ぜひぜひ奮ってご参加ください。初参加の方も大歓迎です。ジェレミーは毎年皆さんからのカードをとても楽しみにしてくれています
★昨年のカードとジェレミーからのお礼メッセージはこちら
☆5年前の第1回誕生日企画のカードアルバムとジェレミーのお礼メッセージが見られる動画はこちら


・ジェレミーの誕生日を祝うことが目的なら、内容はどんなものでも構いません。絵や写真がたくさんあるカードにひとこと書くだけでもいいですし、シンプルなカードにぎっしりメッセージを書くのもいいと思います。
・折り畳み式、普通の絵ハガキのような形、どちらでもOKです。サイズはハガキ大が基本ですが、"少し大きめ""少し小さめ"という程度なら構いません。
・厚いもの、重いもの、壊れやすいものは避けて下さい。
・市販のカード、手作りカード、どちらでもOKです。
・カードにはご自分のお名前をローマ字で必ず書いて下さい。ご住所やメールアドレス等は書かないで下さい。
・ジェレミーが開封する手間を省くため、皆さんからの【カードのみ】をまとめてラッピングしたものをプレゼントします。個別の封筒は使いません。
・ジェレミーは誕生日前後にはデトロイトにいない可能性が高いので、誕生日当日には皆さんからのカードを撮影した写真データのみを送ります。カード現物は6月半ばに直接渡す予定です。(受け渡し方法は変更になる場合もあります)


●ジェレミー宛てのカードを、少し余裕を持ったサイズの封筒に入れて、私まで郵送して下さい。
●これまでのお手紙・カード系企画に参加して下さった方は、送り先は同じです。特に連絡は要りませんので、カードが完成次第ご送付下さい。
●送り先を知らない方は、必ず【カードが完成してから】jeremysjpfans@gmail.comまで『誕生日カード送り先問い合わせ』の件名でメールを下さい。
●私のところにカードが届いたら写真を撮ってツイッターに載せます。ご自分のカードが届いたかどうかの確認をお願いします。個別に「受け取りました」というご連絡はしませんのでご了承下さい。
●宅急便、速達等は使わないで下さい。普通郵便でお願いします。切手代不足にならないように、必ず郵便局の窓口で確認してもらってから投函して下さい。

≪締切:5月22日(金)消印有効≫

2014-15シーズンは残念な結果に終わってしまいましたし、今後のこともまだはっきりとは決まっていません。もしかしたら今年はジェレミーの来日ゼロかもしれません(ジェレミーはすごく日本に来たがっているので、来られなかったらきっとすごくガッカリすると思います)。どんな成績でも、競技続行しても引退しても、日本に来られなくても、ずっと応援してるよ、日本で滑ってくれる日をいつまでも待ってるよ、あなたのスケートが大好き!という気持ちを誕生日カードに込めてぜひ伝えて下さい。必ず今後への大きな励みになります。「でも英語は苦手だし…」という方、多少間違った英語でも大丈夫です!むしろその方がいいかもしれません。「僕のために苦労して英語で書いてくれたんだなぁ」と思って、感激してくれますよ。1人でも多くの方に参加していただけたら嬉しいです。ご参加お待ちしてます!

★当企画に関する追加連絡はツイッターで行います。参加希望の方は、1日に1回はツイッターを見ていただけると助かります。

2015-04-23 19:44 | カテゴリ:写真&動画(photos & videos)
いつも当ブログを見に来て下さっている皆さん、どうもありがとうございます。最近はなかなかブログを更新できず申し訳ありません。(ツイッターは毎日更新中なのでぜひ見に来て下さいね^^)

2014-15シーズンの最後にふさわしい内容は何かな…としばらく考えてみたのですが、やはりこの演技ですよね。ジェレミーの今季はこのためにあったと言っても過言ではないと思います。今季出場した3試合の結果はジェレミーとしては不本意だったと思いますが、この日、この場所でこの演技ができただけでも、引退撤回、現役続行には大きな意味があったなぁと思っています。

全米選手権の2週間前に亡くなった実のお父さま、ダニー・アボットさんに捧げた全米エキシビションでの演技"Dear Lord"です。


私が撮影した"Dear Lord"演技中の写真をフェイスブックアルバムにまとめました。こちらもぜひご覧下さい。
アルバムにリンク


2014-15シーズンもジェレミーを応援して下さった皆さん、どうもありがとうございました!来シーズンのことはまだわかりませんが、現役のままでも、プロになっても、これからもぜひご一緒にジェレミーの応援をして下さいね^^

Given my ranking this season my selection for #WTT15 is very unlikely, so I wanted to relive this moment w/ you all! https://youtu.be/gQ9PWWQot5Y

僕の今シーズンのランキングを考えると、国別の代表に選んでもらうのはかなり難しそうだね。だからこのひと時をみんなともう一度追体験したいんだ!(2013年国別エキシビションの動画

※ジェレミー、国別にすごく出たがっていました。動画の演技は"I Won't Give Up"。国別には出られないけど今後も諦めずに頑張るよ!ということなんでしょうね。


So excited to debut #ProjectWolf. Needs a little more time to marinate and the right venue to execute. #BlackTuesday @BenjiSchwimmer

プロジェクトウルフのデビューが待ちきれないよ。あと少しの味付けと、お披露目するのにふさわしい場所が必要だな。#ブラックチューズデー @BenjiSchwimmer (円・ドル・ポンド・ユーロ紙幣、折れ線グラフ、ネクタイ、ブリーフケースの絵文字)

※このツイート内の謎の絵文字は新プログラムのヒントです^^


Well said @douglasrazzano! It's not logical, it's not rational, it's true love. Plain and simple. It's not always kind, it's not always easy, and it certainly is painful, but it is, pure, honest, and enduring!❤ https://instagram.com/p/0ECn7jm8Ge/

その通りだよ、ダグラス!論理的とか合理的とかじゃなくて、真実の愛なんだ。明白で単純なことさ。いつも優しくはないし、簡単でもないし、確実に痛みを伴うけれど、純粋で、誠実で、永遠に続くんだ!❤(ダグラス・ラザーノ君のインタビュー記事を切り取った画像

※画像内のダグラス君の言葉和訳:『無意味な質問だけど最初に答えておくよ。僕はまだスケートを続ける。愛してるからね。もう引退した方がいいと思ってる人もいるかもしれないけど、結局のところ、そういう意見は何の意味もない。自分の心が「もう充分だ」と僕に告げるまでは続けるよ。だけどそれまでは…そう、僕はまだここにいる。


Speaking of winning teams... Look out @xam_trankov @fire_bird Yuka & I have our eyes on the prize! #Pyeongchang2018!!! https://instagram.com/p/0YdrZZm8IQ/

最強チームと言えば(訳注:ひとつ前のツイートで「ジャクソンブーツとジョンウィルソンブレードが僕の最強チーム」と言ってます)…用心しろよマックス&ターニャ、有香と僕も狙ってるんだぜ!#ピョンチャン2018!!!(涙を流して笑っている顔の絵文字が3つ)(有香さん&ジェレミーのSBS 2A動画

※ピョンチャン五輪に出たいというのはもちろんジョークですが、素晴らしいSBS 2Aですよね^^


ジェレミーの3月のツイートから、特に印象的なものをピックアップして訳しました。最後に、2月末に開催されたチャリティーショー"FrenchieSkate"の動画をご紹介します。ジェレミーのインタビューとLatchの演技は1:36:20あたりからです。
★動画視聴ページはこちら
(インタビュー内容)
1.FrenchieSkateについて
2.ジェレミーの近況
3.FrenchieSkateの活動を応援してくれたジェレミーママへのお礼

近況部分要約『ロサンゼルスでベンジーと新しいEXプログラムを作った。曲はまだ内緒。これまでのプログラムとはすごく違う。難しいプログラムなので練習を積んでから夏に披露する予定。その後ニューヨークでショーを見たりダンススクールに行ったりして自分磨きをしてきた。振付もしている。

2015-02-21 16:50 | カテゴリ:ジェレミーその他(news/info about Jeremy)
全米選手権が終わり、ジェレミーファンの皆さんが今一番気になっているのは「ジェレミーは今後どうするのか」ということだと思います。私ももちろん気になっていますが、今週火曜日(2/17)の時点では「現役を続けるか引退するかは未定」だと言っていました。その数日前にNBCのサイトに掲載されたインタビュー記事にも同様の内容が書かれていますのでご紹介します。

記事はこちら

おおまかな内容としては、『引退する前に“よし、これで全てやり切った!”と自分で納得できる何かがほしい』ということを言っています。サム・スミスの生歌でLay Me Downを滑りたいということについても書かれていますが、それは「もし実現したら最高だし、現役生活の最後を飾る素晴らしい記念になるけどまあ無理だろうね」という感じなので、本気ではないと思います。また、アリッサのショープログラム、アシュリー(ケイン)のSPの振付を依頼されている、ということも書かれています。アリッサのショープログラムは、今週振付を始めたそうです。曲名等の詳細は不明ですが、楽しみですね。来週末にミシガンで開催されるチャリティーショー“Frenchie Skate”(公式サイト)で見られるでしょうか?

最後に、記事内で一番重要だと思うジェレミーの言葉を訳します。記事の最後から数えて3段落目の後半部分です。

原文:I feel like I kind of want to vindicate myself a little bit, regardless of what happens. Just do it one more time and be like, all right, that was my terms, I get to put a period on this chapter of my life in the way that I wanted to, or even an exclamation point.
和訳:自分の力を証明したいという気持ちもあるんだ、結果がどうなろうとね。もう一度やってみて、よし、これで僕のやることは終わった、と思って、望んだ通りのやり方で僕の人生の第一章にピリオドを打つんだ、もっと言えば感嘆符をつけたい。

一度きりの人生ですから、納得いくまで時間をかけて考えて、後悔のない決断をしてほしいなぁと思います。引退してプロスケーターになっても、競技続行しても、ジェレミーが滑り続ける限りは私も全力応援を続けます。同じ気持ちの方がたくさんいらっしゃいますように!

☆ブログを更新していない時でも、ツイッターは毎日更新しています。検索等でこちらのブログに来て下さった方は、ぜひツイッター(こちら)もチェックして下さいね。

ジェレミーの実のお父さま、ダニー・アボットさんが亡くなりました。ダニーさんは長い間パーキンソン病と闘っていたのですが、ここ2年間は特に病状が悪くなってしまい、ジェレミーの試合を生観戦することもできなくなってしまいました。最後の生観戦だった2013年全米で撮影したジェレミーとダニーさんの写真をご覧下さい★こちら
私はこの全米で少しお話したことがあるだけですが、大きな体で全てを包んでくれそうな、物静かでとても優しそうな方でした。(「ゴー、アレキサンダー!」という大きなかけ声でおなじみのアレン・スコットさんは、ジェレミーのママの再婚相手なので、ジェレミーにとっては義理のパパです)

ジェレミーとジェレミーのお姉ちゃん、グウェンさんは、ダニーさんの生前からマイケル・J・フォックス財団(パーキンソン病の患者支援や治療法研究等を行っています)の活動に積極的に参加していました。ダニーさんは亡くなってしまいましたが、ジェレミーとグウェンさんは、「お花やプレゼントなどは要らないので、その代わりにパパの人生を称えて、パパの名前でマイケル・J・フォックス財団に寄付をしてほしい。そしていつかパパのようにパーキンソン病で苦しむ人のいない世界になってくれたら…。」とSNSを通して呼びかけています。日本のジェレミーファンの皆さんの中にも、2人の希望を聞いて、ぜひ寄付をしたいと思っている方がいらっしゃると思います。しかし、マイケル・J・フォックス財団のサイトは英語なので、英語が苦手な方にはなかなか難しいと思い、以下で寄付方法をご説明することにしました。画像(クリックすると大きな画像が見られます)を付けて出来るだけわかりやすく書いたつもりです。長いですがどうぞご覧下さい。


1)ジェレミーの公式サイト内★こちら★のMichael J. Fox Foundationのページでジェレミーとダニーパパの写真をクリック。(ここを経由しなくても寄付ページには行けますが、”ジェレミー・アボットの公式サイトからの来訪者だ”ということがマイケル・J・フォックス財団にわかった方がいいと思うのでここからお願いします。)
寄付1

2)Make a Donationという文字の下にある3つのタブのうち、Donate in Tributeをクリック。
寄付2

3)NameにDanny Abbott、Tribute TypeはIn Honor ofを選択。
寄付3

4)少しスクロール。SEND A CARDはNo ThanksのままでOK。DONATIONは50, 75, 100, 150ドルをクリックするか、その右にある枠内に希望金額(たぶん1ドルから寄付できると思います)を入力。(Make this a MONTHLY GIFTにはチェックを入れない)
寄付4

5)少しスクロール。PAYMENT INFORMATIONという文字の下にある1つめの枠はクレジットカード番号をハイフンなしで入力。2つめはクレジットカード裏面のサイン欄にある番号の下3桁(セキュリティーコード)を入力。その下のMonthとYearはクレジットカード有効期限をそれぞれ月、年の順で選択。
寄付5

6)少しスクロール。BILLING INFORMATIONは寄付金支払者の情報です。長いので上から順に説明します。
1.Titleを選択。わからない場合、男性は”Mr.”、女性は既婚、未婚ともに使える”Ms.”を選べばいいと思います。
2.Nameにご自分の名前、名字を入力(画像は例として私の名前を入れてあります)
3.AddressはAddress Line1に番地から日本の方法とは逆順で都道府県名以外を入力。住所が長い場合はAddress Line2も使う。
Cityに都道府県名を入力。(-Ken,-Shi,-Machiなどは書いても書かなくてもOK)
Stateは何もしない。
その下のUnited Statesとある枠でJapanを選択するとStateの枠は消えます。
4.Zip Codeは郵便番号をハイフンなしで入力。
5.Contactにメールアドレスを入力。2つめのPhoneは入力しなくてOK。
6.My contact information is the same as my billing information(私の連絡先は上のBILLING INFORMATIONに入力したものと同じです)にチェックが入っているかどうか確認。Make this donation anonymous(匿名で寄付する)にはチェックを入れない(匿名がご希望であれば入れても大丈夫です)
7.オレンジ色のSubmit Donationをクリック
寄付6

7)無事に寄付が完了するとこのような画面が出ます。

ダニーさん寄付完了画面

長い説明を読んで下さってありがとうございました。ジェレミー・アボットという素晴らしいスケーターをこの世に送り出してくれたダニーさんへの感謝と尊敬を込めて、日本からもたくさんの寄付が届いたら素敵だなと思います