スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NBCインタビュー:Q&A8問目

2010年01月16日 01:46

What was it like growing up as a figure skater in a hockey and skiing town?

It was little tough and I got teased quite a bit. But as I progressed, when I made my first junior nationals, all my classmates thought it was the coolest thing. They were like, ‘Oh, you're really good.' I was like, ‘Well, yeah, I'm not doing this because I suck and I do it because I love it.' It was worth it of endure the teasing to get to the point that I'm at now. It really- it tested my love for this sport. There certainly were times where I was like, ‘Is this all worth it?' And it was like, ‘Yeah, you know, it is worth it, because I know that some day that I will achieve my goals and that I will have success and I'll accomplish my dreams.' But having said that, growing up in Aspen wasn't this horrible thing. I'm very proud to say that I'm from Aspen.


ホッケーとスキーの町でフィギュアスケーターとして育つのはどうでしたか?

少しきつかったし、かなりからかわれました。しかし僕が上達して、初めて全米ジュニアに出る頃には、それがクラスで一番クールなものになっていました。彼らは、「おお、君って本当に上手なんだねぇ。」という感じで、僕は、「ああ、僕はイヤイヤやってるわけじゃなくて、大好きだからやってるんだもの。」という感じでした。今の僕があるのは、あのからかいに耐えたおかげです。それは本当に、僕のフィギュアスケートへの愛情を試しました。僕は「これは価値のあることなんだろうか?」と何度も思いました。そのたびに「そう、これは価値のあることだ。だっていつか僕は目標を達成して成功をつかみ、夢をかなえるんだ。」と自分に言い聞かせました。しかしそうは言っても、アスペンで育ったことが最悪だったわけではありません。僕はアスペン出身であることをとても誇りに思っています。



小さい頃からの夢がかなうのは、きっともうすぐです



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jeremypigscanfly.blog104.fc2.com/tb.php/107-b67c8de2
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。