ユニバーサルスポーツインタビュー:「僕が最有力候補」

2010年12月17日 21:48

ユニバーサルスポーツのジェレミーの最新インタビューから、グランプリシリーズ・ファイナル・全米選手権について書かれた部分をご紹介します。(元記事はこちら



How do you feel about your Grand Prix season?

I was really proud of my showings. I was really nervous because summer ended and I was just starting to do run-throughs and the Grand Prix was around the corner. I was really scattered and unprepared when usually I'm feeling good at that time of the season. So, I was really pleased with the programs I put out.

あなたのグランプリシーズンについてどう感じていますか?

自分の成績にはとても満足しています。僕はとても緊張していたんです。なぜなら夏が終わった頃にやっとランスルーを始めたところだったし、その時にはグランプリは間近に迫っていましたから。いつもなら調子がいいはずのシーズンのあの時期に、全然まとまっていないし準備もできていないと感じていたんです。だから、あのような演技ができて本当に良かったです。



Instead of a post-Olympic lull, it seems like the level of competition on the men's side got even better...

Definitely. I think that this year people really feel like they have nothing to lose and they're throwing it all out there and it's really raised the bar in a lot of ways. It's been really exciting and fun to watch and I'm happy to be in the midst of all that.

男子の競技レベルはオリンピック後に小休止するのではなく、かえって高くなったように見えますが…

その通り。今年は、みんな失うものは何もないと感じて、できることを全て見せようとしているのだと思います。そのことがいろんな意味で競技のレベルを上げました。本当に見ていてワクワクして楽しいし、自分がその真っただ中にいられて幸せです。



How disappointing was it to watch the last Grand Prix in France and realize you would not qualify for a third-straight Final?

It was a little upsetting because I do feel like I belong there and I won it two years ago.

It was frustrating because it was one of my goals, but at the same time it was a good thing for me because I was having so many boot issues it gave me opportunity to solve all that. I'm in a new pair of skates and at the moment everything is going well.


フランスでのグランプリ最終戦を見て、あなたの3年連続ファイナル出場がなくなったことを知ってどれくらいがっかりしましたか?

少しだけ動揺しました。自分はファイナルにふさわしいと思っているし、2年前には優勝もしたからです。

ファイナル出場は僕の目標の1つだったので、出られないのは悔しかったです。でも、同時にそれは僕にとって良いことでもありました。僕は靴にたくさんの問題を抱えていたので、それらを解決する良い機会になりました。今は新しい靴で滑っているし、今のところ全て上手くいっています。




Now you're preparing to go for a third-straight U.S. title. Do you think it will be any easier to defend for a second time?

I don't think it ever gets easier because everyone else gets better. With Johnny [Weir] and Evan [Lysacek] not competing this season I really feel like I am the frontrunner.

Last season I was coming in as the previous champion, but my focus was to make the [Olympic] Team. I didn't care where I came as long as I was on the Olympic Team. Skating the way I did and winning the title was just a huge cherry on top of a whole amazing experience.

This year I absolutely want to defend my title and I'm focusing on that a little more than I was last season. That will probably make it different, but I feel confident going into Nationals this year because I really do feel like I am the leading man in the U.S.


現在、あなたは3年連続の全米タイトルを目指して準備していますね。2度目のタイトル防衛は前回よりも簡単になると思いますか?

みんな上達していますから、簡単になるとは思いません。今シーズンはジョニー(ウィアー)とエヴァン(ライサチェク)がいないので、優勝の最有力候補は自分だと強く感じています。

昨シーズンは前年のチャンピオンとして試合に出ましたが、僕の焦点は(オリンピック)チームに入ることにありました。オリンピックチームに入れるなら、何位でも構わなかったのです。あのような演技をしてタイトルを獲れたことは、あの素晴らしい経験全体についてきた大きくて素敵なおまけだと思っています。(訳注:cherryの訳し方がわからないのでかなり想像が入ってます、すみません。)

今年は絶対にタイトルを守りたいし、昨シーズンよりも少しだけそのことに集中しています。それによって状況が変わるかもしれないけれど、僕は自信を持って今シーズンの全米に臨みます。僕こそがアメリカ男子を引っ張って行く選手だと感じていますからね。




控え目なジェレミーから、このような力強い言葉が聞けるとは嬉しいですね!来月の全米が本当に楽しみです!!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事