スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフスケートインタビュー:ベテラン、それとも新入り?①

2010年12月23日 18:33

Were you bummed you weren't able to participate in the Grand Prix Finals?

JA: I WAS BUMMED that I wasn't in Beijing. I felt strongly that I belonged there, but it's been a blessing because I have had time to work out my boot problems to make sure that everything is set the way it should be for the rest of the season.

グランプリファイナルに出られなくてがっかりした?

自分が北京にいないってことにすごくがっかりしたよ。僕が出るべき試合だって強く感じてたからね。でも、それはありがたいことでもあったんだよ。靴問題を解決して、残りのシーズンに向けて全てが整ったかどうか確認する時間が持てたんだ。


Do you have more to contribute artistically or athletically to your sport?

JA: I always try to blend the two seamlessly. I'm a huge critic of myself. A bit of a perfectionist, so I always think that I have more to give to both aspects of the sport. I know that I can do more artistically which is why I am always trying to make each program and each year so different from the previous. I also have a lot to give athletically. I am capable of doing a quad salchow, and last summer I was working on a quad lutz ( I wasn't landing it or anything just to set the record straight). It's very mentally exhausting adding just one Quad. Although all the other jumps are the same it completely changes the entire dynamic and approach of the program.

あなたは、芸術面と技術面のどちらにより力を入れているの?

僕はいつもその2つを継ぎ目なく混ぜ合わせようとしてるんだ。僕は自分にとても厳しいんだよ。ちょっとだけ完璧主義者だから、いつも自分はその両方の面において、もっとできることがあるんじゃないかって思ってる。僕はもっと芸術面も高められるとわかってるから、いつでも全く違う2つのプログラムを作るし、過去のものとも大きく異なるようにしてるんだ。技術面でも、たくさんできることがあるよ。僕にはクワドサルコウを跳ぶ能力があるし、去年の夏にはクワドルッツの練習もしてた(ことわっておくけれど、成功はしてないよ)。たった1つクワドを入れるだけで、精神的にとっても疲れるんだよ。他の全てのジャンプも同じように緊張するとはいえ、クワドはプログラム全体の力強さとアプローチを完全に変えてしまうんだ。

※"approach of the program"を上手く日本語にできません。


When do you know it's time to go into the next phase of your life, whether it's skating or nonskating related?

JA: I will let you know when that time comes. For now I'm not seeing the end:)

人生の次の段階に行く時が来た、ってあなたが思うのはいつかしら。それはスケート関係?それとも別の分野?

その時が来たら知らせるよ。今のところ、僕の目に終わりは見えてないよ :)


Of the current crop of skaters out there, who do you think is doing a great job of carrying the mantle of what YOU stand for -- that the new point system does not have to overtake the choreography and artistry of a program?

JA: ME! I don't mean to sound conceited or full of myself, but I have worked so hard to stand out and to make sure that I have jumps, great basic skating, and substance to my programs. I am so grateful to my team and everyone around me for all that they have done. I am so proud of all this work, and I think what I have done really stands out. Having said that, there are actually quite a few men that I admire for lots of reasons, but Daisuke Takahashi is the only one I feel can jump, has artistry, but also has passion and emotion.

現在のスケーターの中で、あなたが支持している「新採点システム下にあっても、プログラムから振付と芸術性を取り去る必要はない」ということについて、一番良い働きをしているのは誰だと思う?
※たぶんこんな感じの質問ですが、あまり自信がありません。

僕だよ!うぬぼれとか、思い上がりとかじゃなく、僕はジャンプもできて、素晴らしいスケーティングの基礎もあって、そしてプログラムの本質もわかってるということを見せるために、本当に一生懸命練習してきたんだ。僕のチーム、そして周りの人たちがしてくれたことにはすごく感謝してる。今までの取り組み全てをとても誇りに思ってるし、僕がしたことは本当に傑出してると思う。そうは言っても、いろんな理由で素晴らしいと思う男性スケーターは実際に何人もいるよ。でも、ダイスケ・タカハシだけがジャンプもできて、芸術性もあって、しかも情熱と感情も持ち合わせてるスケーターだと思う。


ライフスケートのインタビュー前半です。(元記事はこちら)先日のインタビューもそうでしたが、力強く頼もしい言葉が聞けて(読めて)嬉しい限りです^^



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。