スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chicago Tribune記事:『世界選手権は10月に延期ではなく、中止すべきだ』

2011年03月17日 02:47

ジェレミーが I actually agree... (僕も実は同じ考えだよ…) とつぶやいたこちらの記事の抜粋をします。皆さんもご存じの通り、世界選手権を10月に延期する、という案があることが昨日わかりました。その件に関しての記事です。(大事な部分の見落とし、読み間違いなどあるかもしれません。お気づきの方はぜひ教えてください。)


日本でも報道されているチンクワンタさんの言葉とISUの声明を伝えた上で、この記事を書いたPhilip Hershさんはこのように述べています。


The idea of the figure skating worlds in October is odd, to say the least. That's the starting period of a new season, when athletes are trying new programs.

フィギュアスケートの世界選手権を10月に開催するという案は、控えめに言っても"おかしい"。その時期は新しいシーズンを始める時期であり、選手は新しいプログラムを試している時だ。


It also is unclear whether all the athletes who planned to skate in this year's worlds would still be competing in October.

さらに、今季の世界選手権に出場予定だった選手全員が、10月まで競技を続けているかどうかはわからない。


また、4月あるいは5月という早い時期に、他国で開催することは費用の面から見て難しいだろう、とも述べています。そして、競技に打ち込んできた選手たちにとって世界選手権がないというのは残念だが、日本が受けた被害の大きさと比べれば、どんなスポーツの試合結果も意味のないことだ、とあります。

最後に、チンクワンタさんが"世界選手権のために懸命に働いてきた日本の主催者に敬意を示したい"との考えを持っていることを受けて、Hershさんはこのように述べています。



The best way for the ISU to show respect for Japan and its people would be what the international federation did when the entire U.S. team died in a plane crash on the way to the 1961 world meet: cancel the competition.

ISUが日本とその国民に敬意を示すために最もふさわしい方法は、1961年の世界選手権に向かう途中、アメリカ代表チーム全員が飛行機事故で死亡した時に連盟が行ったことと同じ:試合中止であろう。


The ISU should cancel the 2011 World Championships, so the blank line in the record book would stand forever as testimony to the horror and suffering that have befallen Japan, just the way a blank line forever recalls the 1961 tragedy.

ISUは2011年世界選手権を中止すべきだ。そうすれば、記録の中の空白が、日本に降りかかった恐怖と苦しみの証しとして永遠に残るだろう。(現在ある)空白が、1961年の悲劇を永遠に思い起こさせるように。


私も同意します。日本に敬意を示そうという考えももちろんですが、まず、シーズンの集大成の演技をする場所である世界選手権を、新しいシーズンの初めに行う、という考えは理解できません。私のような素人にはわからない理由があるのかもしれませんが、もしこれが実現したら、2011-12シーズンの試合はどうなってしまうのでしょうか?ISUには、まず何よりも選手を第一に考えた決断をしてほしいと思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。