"インプロヴ・アイス"インタビュー

2011年03月19日 22:05

去年の秋に行われた"インプロヴ・アイス"というショーの人気プログラム投票で、ジェレミーが1位になったのは皆さんもご存じだと思います。それを祝して、ショーのスポンサー、コールドイーズがジェレミーにインタビューをしました。(記事はこちら)目新しい内容はありませんが、ジェレミーの言葉を要約してみました。読み間違い・見落としなどがあったらごめんなさい。インプロヴ・アイスでのジェレミーの演技はこちらです。


・僕の毎日は退屈。朝食を作って、昼食を用意して、リンクに行って、トレーニングをして、家に帰って、少しテレビを見てから夕食を食べる。これの繰り返し。

・インプロヴ・アイスは自発性と創造性があって本当に楽しかった。その場でプログラムを作るのはすごく挑戦しがいがあった。

("リンクはとても寒いのに、どうやって健康を保っているのか?"という質問に対して)たっぷり休んで、水分もとるようにしてる。手をちゃんと洗って、除菌用ローションも使ってる。それでも風邪をひいたらコールドイーズを使うよ。(注:コールドイーズは風邪薬の会社です。風邪薬以外の製品があるのかどうかはわかりません。)

・将来が楽しみなスケーターだと感じるのは、滑りが良くて動きにセンスがあって、おもしろい振付ができる子。

・Pigs Can Flyの意味は、"何だってできる"ということ。これは僕がスケートを始めたばかりの子どもたちに伝えたいメッセージ。困難なことはたくさんあるけれど、夢を信じて一生懸命練習すれば、素晴らしいことが起こせるんだ。

・ソーシャルネットワーキングがあるから、ファンは僕のことを何でも知ってると思う。

・あらゆる所-アート、ファッション、文学、ポップカルチャー、他のアスリート、そして僕のライバルからもインスピレーションを得るように努力してる。目と耳をフルに使うんだ。



数日前につぶやいていましたが、有香さん、マッシモ・スカリさんと組むという新しいエキシビションナンバーの練習は順調でしょうか?そのプログラムがお披露目される頃には、日本も落ち着きを取り戻していますように。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事