スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスネットワーク:7月6日の記事後半

2011年07月10日 16:33

Abbott spent considerable time finding the music he wanted for his new long program. After considering pieces by Debussy and Jeff Beck, he listened to some pieces by Muse.

アボットは新しいロングプログラムのための音楽を探すのに、かなりの時間を費やしました。ドビュッシーとジェフ・ベックの曲を検討した後、彼はミューズの曲をいくつか聴きました。


"I remembered that a long time ago John Coughlin had given me 'Butterflies and Hurricanes,' and wanted me to skate to it," he said. "So I wondered if Muse had anything instrumental, and I listened to Exogenesis Symphony. The third piece [Part 3: Redemption], I was like, 'Oh, this is perfect.'The music is still a work in progress but the program is almost finished, it's almost what I want. It's going to change and evolve throughout the summer."

「昔、ジョン・コフリンが僕に"Butterflies and Hurricanes"を渡して、それを滑ってほしいと言ったのを思い出したんだ。」彼は言いました。「それで、ミューズはインストゥルメンタルの曲があるのかな、って思って、エクソジェネシス交響曲を聴いたんだよ。3番目の曲(第3部:あがない)を聴いて、僕は"ああ、完璧だ。"って思ったんだ。音楽はまだ編集中なんだけど、プログラムはほとんどできたし、ほぼ僕の望み通りになってる。夏の間にもっと手を加えて良くしていくよ。」


Abbott and Sato are choreographing the program together. They have arranged to have the vocal section of the piece replaced by an electric guitar version. "It's only about a minute," Abbott said.

プログラムは、アボットとサトウが一緒に振付けています。彼らは、ボーカル部分をエレキギターバージョンに差し替えるよう手配しました。「たったの1分くらいなんだけどね。」アボットは言いました。


"It's nice because both of us can make changes as we go," he said. "I wanted to do a program with Yuka because we work really well together. I told her I wanted a program where I could breathe, and get into the ice, something calm, that can move and that's just ice skating. There's no story or theme, we just choreographed to the music, we just did what the music says. It's very airy and calm, it builds beautifully in the beginning and then it comes back down in the end. When I listen to it, I get chills, kind of, and I can see the program and feel the music."

「練習しながら変えていけるから、すごくいいよ。」彼は言いました。「僕はユカと一緒にプログラムを作りたかったんだ、僕たちはとっても相性がいいからね。身体で感じられて、氷と一体になれて、穏やかで、動きもあって、まさにアイススケート、というプログラムをやりたいって彼女に言ったんだ。ストーリーもテーマもなくて、僕たちはただ音楽に合わせて振付した。音楽が語ることを表現しただけさ。すごくエアリーで、穏やかなんだ。始まりは美しくて、落ち着いた雰囲気で終わる。この曲を聴くと、何だかゾクゾクするんだ。プログラムが目に浮かんで、音楽が心に入り込んでくるんだよ。」


Although Abbott hasn't yet done a lot of choreography, he has extensive dance training. He says he loves to dance and that he's looking for dance classes in his training area of Detroit. He took a contemporary jazz class with Schwimmer in California.

アボットはあまり振付の経験は多くありませんが、多くのダンストレーニングをしています。彼は踊ることが大好きで、デトロイトのトレーニングエリアでダンスのレッスンを探しているのだそうです。彼はカリフォルニアで、シュワイマーと一緒にコンテンポラリージャズのレッスンを受けました。

"I don't know any technique, so I was just throwing myself around, but I had so much fun moving like that and expressing the music. It's so nice to be able to do this on the floor without rules and without limits. I've have moments on the ice that were transcending, where I was a little outside myself, but it was usually technical. Every time I let go, it just becomes a mess because I lose balance and focus and timing. I have to focus so much, and count everything. I've never had this amazing performance where I gave everything of my soul. The dancers put their heart and soul out there on the floor. To dance so well that it brings you to tears, that's incredible, I've never had a skate like that."

「僕は何のテクニックも知らないから、ただその場に飛び込んだ。でもあのように動いて音楽を表現するのはとても楽しかったよ。ルールも制限もなく、フロアの上でそうできるのは最高だね。氷の上で、いろんなものを超越して自分の中から少しだけ抜け出したことはあるけれど、それはたいてい技術的なことだった。自分を解放すると、毎回ただメチャメチャになるだけなんだ。バランスと集中とタイミングを失っちゃうからね。僕はものすごく集中して、全てをカウントしなくちゃいけないんだ。自分の魂全てを注ぎ込んだ最高の演技は一度もしたことがないよ。ダンサーたちは彼らの心と魂をフロアの上でさらけ出す。見ている人が涙をこぼすくらいの踊りができたら、それって最高だよね。僕はそんな風に滑れたことは一度もないよ。」


Abbott says he has solved the boot problems that plagued him last season, costing him valuable training time. He says he has had to rework his technique somewhat; his problems last season created some bad habits he has had to break, but that his skating is going well again.

アボットは、昨シーズン貴重な練習時間を奪い、彼を悩ませた靴の問題は解決したと言っています。若干の技術的な修正が必要だったそうですが;昨シーズンの問題のせいで悪い癖がついてしまい、それを取り去らなくてはいけませんでしたが、今は彼のスケーティングは好調です。


"Jason [Dungjen] and I had a conference call with Riedell, and we told them what the issues had been," he said. "When I took these boots out of the box I could tell that they were better. I'm skating comfortably, and I'm happy with the pair that I'm in. I'll have to get another pair before the season starts. We're being much more proactive this time, and I already have the second pair."

「ジェイソン(ダンジェン)と僕はRiedellと電話会議をして、何が問題だったかを話したんだ。」彼は言いました。「今の靴をおろした時、以前よりも良くなったことがわかったよ。今は気持ちよく滑ってるし、今履いてる靴に満足してる。シーズンが始まる前にもう1組の靴を慣らさなくちゃいけない。今回の僕たちは前よりもずっと先回りできてるし、既に2組目の靴も持ってるんだよ。」


Abbott is looking forward to competing at the Cup of China and the Cup of Russia in the fall.

アボットは、秋に中国杯とロシア杯に出場することを楽しみにしています。


"I'm excited to go to China because it was the first Grand Prix I won, and I'm looking forward to Shanghai because I've heard great things about the city. And the fans are great in Russia and I know the arena there. It's the same two competitions I did when I won the final [in 2008]. The men's field is so ridiculously deep right now, it doesn't matter where you compete, none of them are easy. I'm just happy that I'm going."

「中国杯は僕が初めて勝ったグランプリだから、中国に行くのはワクワクするよ。それに素晴らしい街だって聞いてるから、上海に行くのも楽しみなんだ。それからロシアのファンは素晴らしいし、あそこの会場は知ってる。僕がファイナルで優勝した時(2008年)と2試合とも同じなんだ。今の男子はとんでもなく層が厚いから、どこで試合をするとしても、簡単に勝てるところなんてないよ。先に進めることがただ嬉しいんだ。」


"ストーリーもテーマもなく、ただ音楽を表現するプログラム"、、、音に合わせるというよりも、音楽そのものになったようなジェレミーの表現が私は大好きなので、新フリーへの期待がますます高まりました。有香さんは生徒が増えてどんどん忙しくなっていますが、ジェレミーとの関係は変わらず良好なようですし、"靴問題が解決した"という言葉も嬉しいですよね!中国&ロシアの組み合わせは縁起がいいし、"2008-09シーズンの活躍再び!+世界選手権も大活躍!"なシーズンになることを心から願っています!!!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。