パリ同時多発テロを受けてのメッセージ

2015年11月17日 20:27

パリ同時多発テロを受けて、ジェレミーが“イマジン”の歌詞とともにインスタグラムに投稿した文章の翻訳です。※原文と画像はこちら

Since I can remember this has been my favorite song. The words always tear through me and stay echoing in my ears.
Maybe in the world we live in it is a bit idealistic and naive, but I am certain of one thing. Fear and hate are two of the strongest emotions we can experience as humans and they dictate a lot of our actions, but love will always be stronger. When it comes to the heart of it we are all human. We are all the same. We are an infinitesimal speck in the greater universe all trying to understand our existence, and trying to give it meaning. I've never understood why we are so eager to separate ourselves as a whole instead of understanding we are all one in the same and uniting to sort through our seemingly random existence to make humanity's small time on this planet as smooth and beautiful as it can be.
Now you may say I am a dreamer, but I'm not the only one! In this time of human on human inflicted terror I am frightened for our safety and I am frightened for our species, but I still believe in love and right now I am sending all my love and all my energy around the world to France, to Lebanon, to Turkey, to Africa, and to everywhere else that has been affected in recent months by horrible and senseless acts of violence.


僕は昔からこの歌が大好きなんだ。歌詞がいつも僕の心に突き刺さって、耳の中で鳴り響くんだ。
僕たちが生きる世界で、それは少し理想主義的で純真すぎる考え方かもしれないけれど、僕には確信していることがひとつある。恐怖と憎しみという2つの感情は強力で、僕たち人間はその感情に支配されて行動することも多いけれど、愛は必ずそれに打ち勝つ。一番大切なことは、僕たちはみんな同じ人間だということだ。僕たちはみんな広大な宇宙の中の小さな小さな存在で、自分はなぜここにいるのか、何のために生きるのか、その答えを探し続けてるんだ。僕にはどうしても理解できないよ。なぜ人々はそれほどまでに自分を他と区別したがるんだろう。そうじゃなくて、一見バラバラに見えるかもしれないけれど、自分たちはみんな同じだと理解して、この星で起こってるたくさんの問題が可能な限りいい方向に向かうように、ひとつにまとまることはできないのかな。
僕は夢を見てると言う人もいるかもしれないね。でもこう思ってるのは僕だけじゃないはずだ!人間が人間を傷つけるこの恐ろしい世の中で、僕は自分たちの身の安全、そして人類の未来に対しても恐怖を抱いてる。でも愛の力もまだ信じてるんだ。今ここで、僕の愛とエネルギーの全てを送るよ。フランスと、レバノンと、トルコと、アフリカと、そして人の心を失った恐ろしい暴力行為によって危険にさらされている全ての場所へ。


この文章を書くきっかけになったのはパリでのテロですが、パリのことだけではなく、レバノン、トルコ、アフリカはじめ世界中の多くの場所で、恐ろしい暴力行為によってたくさんの命が失われていることにも言及しているのを読んで、ああ、ジェレミーらしいなぁと思いました。アイスバケツチャレンジの時もそうでしたが、周りに流されず、常に確固たる自分を持っているところもジェレミーの魅力だと私は思っています。

同性婚合法化についてのメッセージ

2015年06月27日 19:56

6月26日、アメリカの連邦最高裁判所が「同性同士の結婚を全ての州で認める」という判断を示しました。これにより、全米で同性婚が事実上合法化されることになりました。このことに関して、多くのアメリカ人スケーターたちが喜びのツイートをしています。ジェレミーは、インスタグラムに画像として文章をアップしました。以下、全文の翻訳です。
❤ジェレミーのインスタグラムはこちら


★画像のコピーを貼りつけます(クリックすると大きくなります)
Jeremys instagram

この世界には僕の知らないこともたくさんあるけれど、愛はその中には含まれない。僕は愛に満ちた家族の中で育ち、強い意志を持って、無私無欲で愛を広めるように教えられた。愛は力強く、魔法のようで、無限に湧き出てきて、区別されるものではない。今日、僕たちの国はこれを認めた。今朝、僕のフィードを読みながら、辛抱強くこの瞬間のために闘ってきた僕の友達、家族、そして全ての人のことを思って喜びの涙とともに胸がいっぱいになった。全てが一瞬で過ぎ去っていく移り変わりの早い社会だけれど、みんなが今日この日を忘れないでいてくれることを願うよ。そして、真実の誠実な愛が世界にもたらす喜びをこれからも広め続けていこう!

拙い翻訳ですが、ジェレミーの文章の素敵さ、美しさが皆さんに少しでも伝わっていますように

3月のツイートからピックアップ

2015年03月21日 22:45

Given my ranking this season my selection for #WTT15 is very unlikely, so I wanted to relive this moment w/ you all! https://youtu.be/gQ9PWWQot5Y

僕の今シーズンのランキングを考えると、国別の代表に選んでもらうのはかなり難しそうだね。だからこのひと時をみんなともう一度追体験したいんだ!(2013年国別エキシビションの動画

※ジェレミー、国別にすごく出たがっていました。動画の演技は"I Won't Give Up"。国別には出られないけど今後も諦めずに頑張るよ!ということなんでしょうね。


So excited to debut #ProjectWolf. Needs a little more time to marinate and the right venue to execute. #BlackTuesday @BenjiSchwimmer

プロジェクトウルフのデビューが待ちきれないよ。あと少しの味付けと、お披露目するのにふさわしい場所が必要だな。#ブラックチューズデー @BenjiSchwimmer (円・ドル・ポンド・ユーロ紙幣、折れ線グラフ、ネクタイ、ブリーフケースの絵文字)

※このツイート内の謎の絵文字は新プログラムのヒントです^^


Well said @douglasrazzano! It's not logical, it's not rational, it's true love. Plain and simple. It's not always kind, it's not always easy, and it certainly is painful, but it is, pure, honest, and enduring!❤ https://instagram.com/p/0ECn7jm8Ge/

その通りだよ、ダグラス!論理的とか合理的とかじゃなくて、真実の愛なんだ。明白で単純なことさ。いつも優しくはないし、簡単でもないし、確実に痛みを伴うけれど、純粋で、誠実で、永遠に続くんだ!❤(ダグラス・ラザーノ君のインタビュー記事を切り取った画像

※画像内のダグラス君の言葉和訳:『無意味な質問だけど最初に答えておくよ。僕はまだスケートを続ける。愛してるからね。もう引退した方がいいと思ってる人もいるかもしれないけど、結局のところ、そういう意見は何の意味もない。自分の心が「もう充分だ」と僕に告げるまでは続けるよ。だけどそれまでは…そう、僕はまだここにいる。


Speaking of winning teams... Look out @xam_trankov @fire_bird Yuka & I have our eyes on the prize! #Pyeongchang2018!!! https://instagram.com/p/0YdrZZm8IQ/

最強チームと言えば(訳注:ひとつ前のツイートで「ジャクソンブーツとジョンウィルソンブレードが僕の最強チーム」と言ってます)…用心しろよマックス&ターニャ、有香と僕も狙ってるんだぜ!#ピョンチャン2018!!!(涙を流して笑っている顔の絵文字が3つ)(有香さん&ジェレミーのSBS 2A動画

※ピョンチャン五輪に出たいというのはもちろんジョークですが、素晴らしいSBS 2Aですよね^^


ジェレミーの3月のツイートから、特に印象的なものをピックアップして訳しました。最後に、2月末に開催されたチャリティーショー"FrenchieSkate"の動画をご紹介します。ジェレミーのインタビューとLatchの演技は1:36:20あたりからです。
★動画視聴ページはこちら
(インタビュー内容)
1.FrenchieSkateについて
2.ジェレミーの近況
3.FrenchieSkateの活動を応援してくれたジェレミーママへのお礼

近況部分要約『ロサンゼルスでベンジーと新しいEXプログラムを作った。曲はまだ内緒。これまでのプログラムとはすごく違う。難しいプログラムなので練習を積んでから夏に披露する予定。その後ニューヨークでショーを見たりダンススクールに行ったりして自分磨きをしてきた。振付もしている。

100ハッピーデイズ:100日目

2014年09月24日 20:05

DAY 100!!!!! What a fun journey. I'm so happy I followed through! #100happydays #day100 http://instagram.com/p/tS1LPSG8LS/

100日目!!!!!何て楽しい旅だったんだろう。最後までやり遂げられてとっても嬉しいよ! #100ハッピーデイズ #100日目 (画像


ジェレミーが6月から取り組んでいた"100ハッピーデイズチャレンジ"、ついに100日達成しました!全てを訳すことはできなかったのですが、必ず画像が付いていましたので、英語が苦手な方も楽しんでジェレミーの"ハッピー"を追いかけることができたのではないでしょうか?^^「全部は見てないなぁ」という方は、ジェレミーのツイッターを遡るよりもインスタグラムの方が見やすいと思います。★こちら★をクリックして、ぜひジェレミーの"100のハッピー"をご覧下さいね♪

【2014-15シーズンSP情報】
9月19,20日にハーバード大学で開催されたチャリティーアイスショー"An Evening With Champions"で、ジェレミーは今シーズンのショートプログラムを初披露しました。使用曲はサム・スミスの"レイ・ミー・ダウン"、振付はジェレミー自身です。ボストン在住の知人が動画を撮影してくれたのでぜひご覧下さい。youtube動画視聴ページにリンク


いつもこのブログを見に来て下さる皆さん、どうもありがとうございます。最近は以前のような頻繁なブログ更新はしていませんが、ツイッターはほぼ毎日更新しています。ジェレミーについての最新情報はツイッターでご紹介していますので、ぜひフォローして下さいね。よろしくお願いします

100ハッピーデイズ:70日目

2014年08月25日 18:31

I love when life throws you something you needed when you didn't even realize you were in need of it! #100happydays #day70 http://instagram.com/p/sG4a8NG8CX/

自分では気づいてさえいなかったのに、僕にはこれが必要だったんだ、って人生が教えてくれる時って素晴らしいね! #100ハッピーデイズ #70日目 (画像

【画像に書いてある言葉】
“Competition is a by-product of productive work, not its goal. A creative man is motivated by the desire to achieve, not by the desire to beat others.”
Ayn Rand, The Moratorium on Brains


「競争とは生産的な作業の副産物にすぎず、その目標ではない。創造的な人間は、成し遂げたいという強い思いによって奮い立つのであり、他者を打ち負かしたいからではない。」  
アイン・ランド,ザ・モラトリアム・オン・ブレインズ



チャンプス・キャンプ2日目を終えての言葉です。画像の名言といい、ジェレミー本人が添えた言葉といい、意味深ですねぇ…。真意は本人にしかわかりませんが、気持ちが充実しているようで何よりです。スケートの調子もいいそうですよ                        


最新記事